アクションムービーに憧れて

ミニマリストを目指す、アクション映画好きの戯言

マキシマム・クラッシュ


※全力でネタバレ。

アクション映画に憧れてるとか言ってるけど、感想上げるの初めてだ。
最近、見るもの無くて、昔見たのとかを見てただけだったからなあ。

f:id:akogarete:20160507231501j:image

新作だけど、7泊8日で。
最初に言いますが、ジャケ詐欺です。笑。
ケイン・コスギ、最初の数分のみ。笑。
ジャケットの衣装なし、シーンなし。ナゾ。
主役は一番下の彼と写ってない仲間の刑事。
ゲイリー・ダニエルズも、そんな大したことない役。しかも特にアクションなし。
スコット・アドキンスは微妙な悪役。ラスボスじゃない。
アクションは少々。

ダスティン・ヌエンの娘が死体で発見され、旧友の刑事と娘を殺した人を探す話。
昔々、妻が娘を連れて出て行ってから会うこともなく、会う人たちに娘の話を聞いて、娘がどんな風に生きていたかを知りつつ、その流れで色んな人をバンバン殺してく。
娘は、とっても良い子で沢山の男を手玉に取り賢く生きていた、っていう証言ばかり。
でも本命と言われてたゲイリー・ダニエルズには、彼の家に男を連れ込んだのを見つかって折檻されて、浮気相手にも暴力を振るわれたのかなーという若干の描写。
賢くない。男連れ込んでバレて腕折られるとか、賢くない。
しかも実際は友人たちとクスリやりながらプールで遊んでる最中の事故死?だったという。
もう完全に自分の過失。
そのために何人がパパと刑事に殺されたことか。刑事の相棒まで殺されて。
そもそも友人たちも、事故死と分かるようにすれば良かったのに、川に全裸で(確か)手首を縛って捨てるとか。そりゃ捜査されちゃうよ。
内容はまあ、アクション映画はそんなもんだよね、ということにしても、ジャケ詐欺が…個人的には一番きつかった。
ケイン・コスギのファンとか、悲しすぎるでしょ。最初の数分だよ。残念。
リアルアクション、別になかったよ。
という、残念な感じでした。はあ。